パソコン画面の文字を大きくしたい!

パソコンの文字が小さ~い!

近年、ノートパソコン画面(ディスプレイ)の解像度が大きくなっています。
すなわちデスクトップ領域が広くなり、作業エリアが広くなっています。
 
例えば13インチや15インチのノートパソコンをみると
 
以前の解像度 1366 × 768px
近年の解像度 1920 × 1080px
 
縦横の解像度が約1.4倍大きくなっており、その分多くの情報を表示できます。
 
でも実際の画面サイズ(表示スペース)は、ほぼ同じなのに表示情報が多くなっています。
すなわち表示される文字やアイコン、画像などが小さく表示されることになります。
 
デスクトップPC 23インチディスプレイの一般的な解像度は、1920 × 1080px で、
ノートPC13.3インチ、15.6インチの一般的な解像度は、1920 × 1080px です。
 
大きな画面23インチディスプレイと小さな画面のノートPCディスプレイの解像度は同じです。
ノートPCディスプレイには、デスクトップPCと同じ情報量が表示されますが、画面サイズが小さいため文字、アイコン、画像が小さく表示されます。
 
作業スペースが広くなるのは、良いのですが、文字、アイコン、画像が小さく表示されてしまいます。
特に文字が小さく表示され、「文章が読みずらい!」「見易くしたい!」と思われている方もおられるのでは?
 
文字(テキスト)を大きく表示し見易くする方法には、二通りあります。
 
<1> ディスプレイ解像度を小さく変更する
<2> 文字(テキスト)、アイコンなどを表示拡大する
 
ちなみにディスプレイの解像度を変更した場合の見え方イメージは次のとおりです。
 
例としてデスクトップPC用23インチディスプレイの解像度 1920 × 1080pxを1600 × 900pxに変更した見え方のイメージです。
 
23インチ 1920 × 1080px
(この例では推奨の解像度)
 
 
1600 × 900pxに解像度を小さく
 
 
画面の解像度を小さくすると、画像の大きさが大きく表示されるのがわかります。
解像度を小さくすることにより文字も大きく表示されます。(この例では文字表示は見えません。)
 
 

パソコン画面サイズ(解像度)の変更 Windows 10

Windows 10 パソコン画面の解像度の変更方法を説明します。
 

画面サイズ(解像度)の変更における注意点

(1)画面の解像度を小さくすると文字は大きく見えますが、小さくするに従い文字がボケた様に見えます。
 
(2)パソコン画面の標準・解像度(推奨値)と同じアスペクト比(横縦比)への変更がお薦めです。
異なるアスペクト比に変更すると画面上で使用できない部分が発生する場合があります。
 
解像度とアスペクト比の一覧です。参考にご覧ください。
 
<アスペクト比 16:9>
1920 × 1080px 16:9(1.778:1)
1600 ×  900px 16:9
1366 ×  768px 約16:9(1.779:1)
1360 ×  768px 約16:9(1.771:1)
1280 ×  720px 16:9
 
<アスペクト比 その他>
1680 × 1050px  8:5
1440 ×  900px  8:5
1400 × 1050px  4:3
1280 × 1024px  5:4
1280 ×  960px  4:3
1280 ×  768px  5:3
1152 ×  864px  4:3
1024 ×  768px  4:3
 
 

画面サイズ(解像度)の変更方法

 
(1) 「ディスプレイ設定」の表示
 
パソコンのデスクトップ上を右クリックし、「ディスプレイ設定」を選択します。
 
 
「ディスプレイ画面」が表示されます
 
(2) 「解像度」の選択
 
 
「解像度」欄をクリック変更可能な解像度が表示され、任意の解像度を選択します。
この時、推奨値と同じアスペクト比の解像度がお薦めです。
 
 
「変更の維持」を選択します。
 
これで画面の解像度が変更されます。
 

パソコン 文字サイズの変更 Windows 10

文字サイズの変更における注意点

(1)拡大表示すると文字は大きく見えますが、大きく表示するに従い文字がボケた様に見えます。
 
拡大縮小率 100%(通常)と150%(拡大)のイメージです。
 
■拡大縮小率:100%
 
■拡大縮小率:150%
 

文字サイズの変更方法

(1) 「ディスプレイ設定」の表示
 
パソコンのデスクトップ上を右クリックし、「ディスプレイ設定」を選択します。
 
 
 
「ディスプレイ画面」が表示されます
 
(2) 「拡大縮小率」の選択
 
 
「拡大縮小とレイアウト」欄をクリック拡大縮小率が表示され、任意の比率を選択します。
 
 
選択すると直ぐに変更反映します。
 
これで画面の文字サイズが変更されます。
文字、アイコンなどのサイズも変更されます。
 

デスクトップのアイコンサイズの変更

デスクトップに表示されている書類やアプリケーションのアイコンサイズを大きくしたい、あるいは小さくしたいと思う時もあるでしょう。
 
アイコンサイズの変更方法は二通りあります。
 

アイコンサイズ変更方法(その1)

(1)アイコンサイズ変更メニュー表示
 
デスクトップを右クリックするとメニューが表示されます。その中の「表示」を選択します。
 
 
表示されたメニューに大・中・小アイコンのサイズ変更が選択できます。
 
(2)大・中・小アイコンの選択
 
メニューの「大アイコン」「中アイコン」「小アイコン」の中から好みに合わせたアイコンサイズを選択できます。
 
■大・中・小アイコンの大きさイメージ
 
上図の様な三種類のアイコンサイズになります。好みに合わせて設定できます。
 

アイコンサイズ変更方法(その2)

上述の方法(その1)より、もっと簡単に、しかもアイコンの大きさを微妙に調整することができる方法です。
 
<方法>
キーボードの「Ctrl」キーを押下しながらマウスの「スクロール」ボタンを上下に回します。
 
 
この操作でアイコンサイズを任意の大きさに変更できます。
 
最小・および最大アイコンの大きさイメージ
 
 
上図は、アイコンの「最小サイズと最大サイズ」、さらに方法(その1)のアイコン大きさのイメージを比較して表示しています。
方法(その2)は、方法(その1)より表示できる大きさの範囲が広がっています。
 

SNSでもご購読できます。