アプリ、ソフト

ファイル名一覧作成 フォルダー内のファイル一覧を作る


フォルダーのファイル名一覧

フォルダーに入っているファイル名の一覧を作成したいと思った事ありませんか?
 
例えば
フォルダーに沢山の画像が入っており、その画像一覧リストを作りたい!
フォルダー内の文書一覧を作りたい!
 
こんな時、どんな方法で一覧を作成しますか?
 
フォルダー内のファイル名一覧を、フォルダー内操作とエクセル操作(あるいはメモ帖)により簡単に作成できます。なおコマンドプロンプト画面のDIRコマンドは使用しません。
 
ファイル名一覧の対象となるファイルは、フォルダー内の「全てのファイル」あるいは「任意のファイル」のどちらでも可能です。
 
<対象OS>
OS:Windows10
アプリ:Microsoft Excelあるいはメモ帖(Windowsアクセサリ)使用
 
 

ファイル名一覧の作成方法

フォルダー内の操作

(1)一覧作成の対象ファイルを選択
 
フォルダーを開きファイル名一覧の対象となるファイルを選択します。
ファイル全件でも任意ファイルのどちらでも可能です。
 
 
任意ファイルを対象にする場合、「Ctrlキー」を押しながら対象ファイルをクリックすると複数のファイルを選択できます。
ファイル全件を対象にする場合、メニューの「すべて選択」を選ぶと一度に全件を選択できます。
 
 
(2)一覧対象ファイルのパス名の取得
 
選択されてファイルを「Shiftキー」+右クリックでメニュー表示し、「パスのコピー」を選択します。
 
パス名は、ファイルの記録位置を示すもので、ドライブ名、フォルダー名、ファイル名から構成されています。
 
フォルダー内のファイル名は、上記構成内のファイル名のみであり、表示設定によっては、ファイル拡張子も表示されます。例では、ファイル拡張子が表示設定になっており、画像ファイルのjpgが表示されています。
 
 
「パスのコピー」の選択操作で選択したファイルのパス名がメモリ(クリップボード)に記録されます。
 

メモ帖あるいはExcel操作

上述のメモリ(取得済みパス名)をMicrosoft Excelあるいはメモ帖(Windowsアクセサリ)に貼り付けて一覧を作成します。
 
なお取得済みパス名は、ファイル名順に並んでいない場合があり、並び替えができるExcelがお薦めです。
ここではExcelにて説明します。
 
(1)取得済みパス名の展開
 
 
適当なセルを選択し、ホームメニュー(あるいは右クリック)から「貼り付け」を選択します。
 
メモリ(クリップボード)に記録されていたファイル名が、Excelに展開表示されます。
 
 
ファイル名は、パス名形式で、ドライブ名、フォルダー名、ファイル名(拡張子を含む)で表示されます。
 
上記例の一件目で説明すると次のとおりです。
E:¥画像¥2018年画像¥E0810124270.jpg
・ドライブ名 「E」
・フォルダー名 「画像」、「2018年画像」の2フォルダー
・ファイル名(拡張子含む) 「E0810124270.jpg」
・その他「:」 ドライブ名を示す区切り文字
・その他「¥」 フォルダー名やファイル名の区切り文字
 
(2)ファイル名の並び替え(必要に応じ)
 
展開されたファイル名の一覧は、ファイル名順にソートされていない場合があります。
必要に応じExcelの並び替え機能にてソートします。
 
メニューバーの「データ」、「並び替え」を選択し、並び替えキーを設定しソートします。
 
 
(3)パス名の不要文字列の削除
 
ファイル名一覧において必要な名前は、通常ファイル名のみでしょう。
しかしパス名には、ドライブ名、フォルダー名、区切り文字の不要な名前(文字列)が含まれています。
 
不要な文字列は、Excelの置換え機能にて削除します。
 
 
置換え機能は、メニューバーの「ホーム」、「検索と選択」から「置換え」を選択します。
 
・検索する文字列には、不要な文字列を入力
パス名のドライブ名からファイル名の1文字前にある区切り文字「¥」までを入力します。
 
・置換後の文字列には、何も入力せず(未入力)
 
入力後「すべて置換」を選択します。
 
 
これで不要な文字列は削除されファイル名のみになります。
なおファイル拡張子も不要であれば同様な操作で削除します。
 
(4)ファイル名一覧の作成完了
 
ファイル名一覧が作成できました。
 

スクリーンショット 画面コピー方法


スクリーンショットって何?

スクリーンショットとは

スクリーンショットとは、パソコンやスマホのディスプレイ(モニター)画面の表示イメージを撮った画像です。略してスクショとも呼ばれます。また画面コーピーや画面ハードコピー、また画面キャプチャーなどとも言われます。
 

スクリーンショットの用途

スクリーンショットは、ディスプレイの表示イメージを画像ファイルとして保存します。
このため用途としては、次の事があるでしょう。
 
・ネットサーフィンで良いWEBサイトを発見した時、その情報を画像イメージで残したり、あるいは友人・知人に知らせる情報として使用。
・ネットショップで買い物した時の情報、商品、値段などの記録として。
・パソコンやスマホ使用時、何らかのエラーが発生し、エラーメッセージが表示された時の記録として。
 
など、用途はいろいろあります。
 

スクリーンショットを撮る

スクリーンショットの方法は、パソコンやスマホなどの機種、OSにより異なります。
 
 

パソコンのスクリーンショット方法

パソコンのスクリーンショットを撮り方を、OS:Windows10を対象として説明します。
 
スクリーンショット撮り方の基本的な操作として、Windowsの機能:キーボードの「PrtScn」キーを使用します。
 
 
「PrtScn」キーは、Print Screenの略称でキーボード上には「PrtScr」「PrintScn」などメーカーによりいろいろな記載があります。
 
スクリーンショットの撮り方は、「PrtScn」キーを使用し次の二通りあります。
 
<スクリーンショット>
 
〇デスクトップ全体のスクリーンショット
 
デスクトップ全体のスクリーンショットの撮り方として画像編集アプリを使用しない方法と使用する方法の二通りがあります。
 
〇特定のウインドウのみスクリーンショット
 

デスクトップ全体のスクリーンショットを撮る

デスクトップ全体のスクリーンショットの撮り方は、次の二通りです。
 
(1)画像編集アプリを使用せずスクリーンショットを撮る方法(Windows10キー)
 
(2)画像編集アプリを使用しスクリーンショットを撮る方法
 
画像編集アプリは、WindowsアクセサリーのペイントでもAdobe Photoshopなど他の画像編集アプリでもOKです。
 

画像編集アプリを使用せずスクリーンショットを撮る方法

画像編集アプリを使用せずにWindows10の機能のみでスクリーンショットを撮る方法です。
この方法は、撮った画像を編集せず、そのままのイメージで利用する時に便利です。
なおデスクトップ全体を撮る方法で特定ウインドウのみを撮ることはできません。
 
(1)スクリーンショットを撮る
 
「Windows」キーを押しながら「PrtScn」キーを押下します。
 
 
これでスクリーンショットが撮られ、イメージ画像が保存されます。
 
(2)スクリーンショット画像の保存先、ファイル名
 
スクリーンショット画像は、PNGファイル形式で「ピクチャー」>「スクリーンショット」フォルダーに保存されます。
 
<スクリーンショット画像の保存先、ファイル名>
C:\Users\ユーザー名\Pictures\Screenshots
ファイル名:スクリーンショット.png
 
 
<スクリーンショット画像イメージ>
 
■ディスプレイ1台接続の場合
サンプルとして23インチ(ワイドタイプ)
 
■ディスプレイ2台接続の場合
2台のディスプレイを接続し、デュアルディスプレイのデスクトップを拡張している場合は2画面分のスクリーンショットが撮られます。
サンプルとして 23インチ(ワイドタイプ)+17インチ(標準タイプ)
 

画像編集アプリを使用しスクリーンショットを撮る方法

画像編集アプリを使用し、スクリーンショットを撮る方法を説明します。
 
(1)画像編集アプリ
 
画像編集アプリは、WindowsアクセサリーのペイントでもAdobe Photoshopなど他の画像編集アプリでもOKです。ここでは Windows10 の無料アプリ:ペイントで説明します。
 
画像編集アプリ:ペイントは、スタートメニュー > Windowsアクセサリ > ペイントで起動できます。
 
 
(2)デスクトップイメージをメモリに記録
 
デスクトップ全体のスクリーンショットの撮り方は、キーボードの「PrtScn」キーを押下します。
 
 
※「PrtScn」キーの表記は、パソコン・キーボードにより異なります。
 
このキーの押下により、デスクトップのイメージがメモリ(クリップボード)に記録されます。
なおデスクトップ上の表示などの変化はありません。
 
(3)画像編集アプリへ貼り付け、画像ファイルの保存
 
ペイントソフトを起動し、「貼り付け」を選択します。
 
 
これによりメモリ(クリップボード)からデスクトップイメージがペイントに貼り付け表示されます。
必要に応じ表示拡大率の調整で画像全体がみられま、切り抜きなどの編集を行う事ができ画像ファイルとして保存できます。保存形式は、PNG形式、JPEG形式、GIF形式などが選択できます。
 

特定ウインドウのスクリーンショット方法

 
上述のデスクトップ全体のスクリーンショット操作と基本的に同じですが、対象がデスクトップ全体ではなく、特定のウィンドウのみになります。
 
(1)特定のウインドウをアクティブ
 
フォルダーやアプリなどスクリーンショットを撮りたいウインドウをクリックし、アクティブにします。
 
(2)ウインドウイメージをメモリに記録
 
「Alt」キーを押しながら「PrtScn」キーを押下します。
 
 
このキーの押下により、ウインドウ表示部分イメージがメモリ(クリップボード)に記録されます。
 
(3)画像編集アプリへ貼り付け、画像ファイルの保存
 
ペイントソフトを起動し、「貼り付け」を選択します。
操作は、上述(デスクトップ全体 (3)画像編集アプリへ貼り付け、画像ファイルの保存)と同じです。
 

WEBブラウザのスクリーンショット方法

Webブラウザでインターネットを検索し必要な情報が見つかった時、そのスクリーンショットを撮りたいと思う時もあるでしょう。
 
前述の「特定ウインドウのスクリーンショット」でも表示部分のスクリーンショットは可能です。
ただし表示部分のみでそのページ全体を撮ることはできません。
 
ここでは、代表的な2つのWEBブラウザ:「Microsoft EDGE」と「Firefox」のページ全体のスクリーンショット方法を説明します。
 

WEBブラウザ:Microsoft EDGEのスクリーンショット方法

Microsoft EDGEは、Windows10に標準にリリースされているWEBブラウザです。
このMicrosoft EDGEのスクリーンショットの撮り方です。
 
※Microsoft EDGEのは、バージョン42 で説明しています。バージョンにより操作が異なる場合があります。
 
(1)ツールの選択
 
ウインドウ右上にある「ノートの追加」を選択します。
 
 
各種ツールが表示されます。
ツールには、ボールペン、マーカー、消しゴムなどがあり、コメントなど記入することができ、そのコメントも一緒にスクリーンショットを撮ることができます。
 
 
(2)範囲の選択、コピー
 
ツールから「クリップ」を選択します。
 
スクリーンショットの範囲をドラッグします。ページ全体であればページの左上からページ最下部の右下までドラッグします。
この操作でドラッグ範囲がメモリ(クリップボード)に記録されます。
 
 
(3)ペイントアプリへの貼り付け、画像の保存
 
画像ファイルへの保存は、画像編集アプリを使用します。
画像編集アプリは、Windowsアクセサリーのペイントで説明します。
 
ペイントを起動し、貼り付けます。
 
これでメモリ(クリップボード)のイメージがペイントに表示され、表示倍率を調整すると全体が見られます。
 
 
画像ファイルとして保存でき、保存形式は、PNG形式、JPEG形式、GIF形式などが選択できます。
 

WEBブラウザ:Firefoxのスクリーンショット方法

Firefoxは、Mozilla Foundationおよびその傘下のMozilla Corporationによって開発されているオープンソースのWEBブラウザで、無料アプリです。
 
このFirefoxのスクリーンショットの撮り方です。
Firefoxは、バージョン61 で説明しています。バージョンにより操作が異なる場合があります。
 
(1)ツールの選択
 
URLフィールド右端の「メニュー」をクリックし、プルダウンメニューから「スクリーンショットを撮る」を選択します。
 
 
(2)範囲の選択
 
ページ右上にある「ページ全体を保存」か「表示範囲を保存」を選択あるいは
ドラッグし保存範囲を選択することもできます。
 
 
(3)ダウンロード
 
上述(2)のいずれかを範囲選択するとダウンロードモードになり、「ダウンロード」を選択すると選択範囲が画像ファイルとして保存されます。
サンプルは、「ページ全体を保存」を選択しています。
 
 
保存先は、Firefoxのオプションで設定したダウンロード先になり、PNG形式ファイルです。
 

Andoroid系端末のスクリーンショット方法

Andoroid系スマホやタブレットでスクリーンショットを撮る方法は、電源ボタンと音量ボタンで操作します。
 
(1)スクリーンショットを撮る
 
撮りたい画面を表示し、「電源」ボタンと「音量・小」ボタンを同時に押下します。
 
 
この操作で画面イメージが画像ファイルとしてScreenshotsフォルダーに入ります。
※スマホF-01J Andoroid7.1を使用の場合で説明しています。機種、バージョンにより格納フォルダーは、異なります。
 
またスクリーンショット取得のメッセージが表示されます。
 
 
(2)スクリーンショットイメージの確認
 
「アルバム」アプリなどの画像アプリでスクリーンショット画像を表示確認できます。
 
 

iOS系端末のスクリーンショット方法

iOS系のiPhoneやiPadでスクリーンショットを撮る方法は、電源ボタンとホームボタンで操作します。
 
(1)スクリーンショットを撮る
 
撮りたい画面を表示し、「電源」ボタンと「ホーム」ボタンを同時に押下します。
 
 
この操作で画面イメージが画像ファイルとしてカメラロールに入ります。
※iPad iOS 11を使用の場合で説明しています。機種、バージョンなどにより格納フォルダーは、異なります。
 
(2)スクリーンショット画像の確認
 
「写真」アプリでスクリーンショット画像を表示確認できます。